fujisan'chi

fujisanの日記です☆
たま〜に気が向いたら更新中。
【花火情報】8/12東京湾
●8/12(土)19:00〜20:20@東京湾 『第19回東京湾大華火祭』
そもそも、行ったことない花火大会について語れるわけがないのだが、それなりに調べたから簡単に載せておくよ。観覧経験のあるシカの情報と、ネット上の情報ですが。。。
花火の数は12000発、最大サイズは尺5寸(15号)玉。東京の花火大会は隅田川を筆頭に“川”で打ち上げる大会ばかりだが、この東京湾だけは“海”で打ち上げるため、尺5寸を打ち上げられる唯一の大会らしい。(川だと保安距離を確保できない。隅田川では5号玉が限界。)俺にとっては東京の大会初進出だし、シカも前回は場所取りして見物したわけではないから、今回が初めての場所取り!しかも今回はナルくんが1年生数人を引き連れてくるから、しっかり場所取りしてあげないとっ!(汗)

▼場所取り情報
花火2日前ですが、まだどこに陣取るか決めてない。(爆) せっかく場所取りするんだから、やっぱり打上場所の近くで観たい!ということで、候補地を↓の3ヶ所に絞ってみた。

\桶ど崙(晴海第2会場)(地図はこちら
大会本部のあるメイン会場がココ。有料エリア(5万人収容)の後ろに無料エリア(4万人収容)がある。最も打上場所に近い無料エリアだけに、一番人気の場所。過剰な場所取り合戦を防ぐために入場規制があり、当日9時までは場所取り禁止(会場閉鎖)。つまり、会場が開く9時以降に先着順で埋まっていくシステム。さらに16時以降は無人のシート撤去&その場にいる人数に応じてシート面積縮小という、かなり厳しい規制がかかる。2人で場所取りしてたら2人分の場所だけ残してシートを畳まなきゃいけないので、16時には全員集合必須!そして例年16時半頃に定員に達し、会場の出入口が閉鎖されるらしい。すごいのね、東京の花火って。。。この会場の最大の弱点は、交通の便の悪さ。ざっと10万人の人が勝どき駅・月島駅・豊洲駅に集中するため、帰りはもちろん入場規制がかかり、会場脱出から電車に乗るまで1時間かかるらしい。横浜までだと乗り換えも不便でさらに1時間・・・。遠すぎるっ!!あっ、あと、ここは地面が砂利らしい。クッション要持参。

⊆捻塞崙(地図はこちら
晴海埠頭のちょうど対岸に位置するのが芝浦埠頭。倉庫が並ぶエリアだから見物できる場所は限られる上に、埠頭の半分近くが港区の区民招待席になっており、無料エリアはさらに狭い。2002〜2004年のちょっと古い情報によると、15時に行けば無料エリアでも最前列が取れるくらいの混雑レベルらしい。今もそのままの状況なら、かなり穴場だ。付近の道路が16時に車両通行止めになるため、この通行規制を待って道路に陣取るのもあり。ただし、一帯の道路がシートで埋め尽くされると、それ以上の混雑防止のため歩行者も通行止めになり、後から来た人がたどり着けなくなる。ここも上記,汎瑛諭∩完集合してから場所取りする必要があるらしい。でもここならJR田町駅から歩けるし、帰りは楽に帰れるだろう。弱点は、倉庫群だけにトイレ&店がないことと、プログラム冊子が入手できないこと。まぁ穴場だからしょうがないが。

C歇派崙(地図はこちら
海沿いが公園のようになっている部分があり、雰囲気としては、横浜の場所取りに似てるようだ。前夜から場所取りする人もいるし、少人数なら当日昼ごろ来ても場所が取れるらしい。ただ、ここは打上場所の北に位置するため、夏の南風が強い日だと煙が流れてくる可能性がある。また、見物できるエリアが狭いため定員オーバーになりやすく、横浜から来たよそ者が下見もせずに良い場所を取れるのか少々不安。JR浜松町駅から歩ける距離にあるので交通の便は良いが、プログラム冊子が入手できず、また上記 Ν△鉾罎戮譴仟脳緇貊蠅ら遠い。

▼混雑情報
打上場所周辺の海沿い(晴海・豊洲・有明・お台場・芝浦・日の出・竹芝など)は、どの道路も16時以降車両通行止めになる。豊洲などは歩行者も通行止めになって、一般人が完全に排除される地区もある。さすが警視庁、規制も徹底してる様子。
駅の入場規制は、メイン会場の晴海に近い勝どき駅・月島駅・豊洲駅で発動予定。ゆりかもめは豊洲とお台場で満員になるため、他の駅では乗れなくなる。
携帯は、メイン会場に限らず、人混みなら17時台から通信規制がかかるようだ。若年層の利用者が少ないドコモmovaとVodafoneでも18時台には規制がかかると予想される。

▼参考HP
公式HP(東京都中央区)参考HP参考HP
| comments(0) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/08/10(木) 03:21 |
【花火情報】8/10鎌倉
●8/10(木)19:00〜20:15@鎌倉 『第58回鎌倉花火大会』
水中花火で有名な鎌倉の花火大会には、実は去年初めて行った。東戸塚に住む俺は横須賀線一本で行けるから、非常に便利な立地なんだけどね。花火の数はたった2900発で少ないんだけど、みなとみらい(8000発)や江の島(5000発)と並ぶ25万人が集まる理由は、やっぱり水中花火がキレイだからでしょう!鎌倉海岸の砂浜に座ると、高速船から落とされる花火玉が次々開花して振動が砂浜に伝わるんよ・・・その迫力はなかなか他では味わえない!水中花火とスターマインの競演が、これがまたキレイなんよねー。他にも、4〜7号玉の連発でコンセプトのある作品が打ち上がるし、無駄のない、味のある花火大会だよ。何気に尺玉もあるし。ご一緒にいかがですかー?

▼場所取り情報
どうせ俺も行くから書く必要ないかもしれんが、一応場所取り情報も載せておこう。
打上場所の真正面は、本部のある由比ヶ浜(地図はこちら)だけど、夏は南風の日が多いから、打上場所の真北にある由比ヶ浜は煙が流れてきて、花火がキレイに見えない可能性高し。にも関わらず、鎌倉に初めて来る人はほとんど由比ヶ浜へ行こうとするから混雑もひどい。そこで、オススメの場所は比較的空いてる材木座海岸!鎌倉駅からまっすぐ海に出て、滑川交差点を左折すると、道路(国道134号)の下をくぐる地下道があるんだけど、その1本目の地下道付近はやや混雑。でも2本目になるとだいぶ空いてるよ。ちなみに俺は、2本目地下道の近く、カメラマンの撮影スポットになってる小高い丘周辺を狙います。カメラマンの近くは花火がキレイに見える証拠!
去年の経験から言うと、由比ヶ浜や滑川交差点周辺の砂浜は17時の時点でほぼ埋まる。俺が狙う地下道2本目のあたりなら18時でも可。砂浜はたっぷりあるから、場所を選ばなきゃ19時に来ても大丈夫。(ちなみに16時前だと海水浴客で混雑。)
注意点として、場所取りするときは砂浜の高低差に気を付けるべし。ちょっと丘っぽくなってる砂浜の後ろに陣取ると、水中花火がよく見えないよ。かと言って海に近づきすぎると、風で飛んでくる海水がウザイ。(笑) 最前列は避けつつ、水平線を見渡せる場所がベスポジかと。それから砂浜にシートを敷く方法は、風で飛ばないようにコンビニ袋に砂を詰めてシートの四隅におもりとして置くのが定石。間違ってもガムテは使わない(使えない)。

▼混雑情報
駅から海岸へ出る大通りの歩道は、17時台からかなり混雑。露店もたくさん出てるから余計に混む。材木座海岸へ直行するなら、JRの高架橋の手前で左折して住宅地の中を歩く裏道がオススメ。
海岸沿いのトイレは公衆トイレ・仮設トイレが随所にあるけど常に行列。もともと海水浴客用だから結構汚いし。。。携帯はドコモFOMAとauは18時半頃から通信規制。ドコモmovaとVodafoneは多分大丈夫。
花火終了後のJR鎌倉駅はもちろん入場規制。由比ヶ浜から来る大勢の客は、駅手前で左折して東急ストア前が動線になる。材木座海岸から帰るなら、ギリギリまで大通りの右側を歩き駅前で左折すると良い。それでも駅の改札に入るために20〜60分待ち。駅は改札のキャパが小さいため、改札を通ってしまえば電車内はさほど混まない。

▼プチ情報
どの花火大会もそうだけど、花火を観るとき、プログラム冊子が有るのと無いのでは大違い。花火好きなら、鎌倉駅の改札隣のインフォメーション窓口でプログラム冊子をもらってから海岸へゴー!あと、見物場所が砂浜だから、砂まみれになっても良い靴で来ましょう。これ、意外と罠。(笑)

▼参考HP
公式HP(鎌倉観光協会)参考HP参考HP
| comments(0) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/08/08(火) 02:30 |
【花火日記】8/1みなとみらい
前日22時の臨港パークまずは前日の場所取り!今回の場所取り隊長は1年生のナルくん。過去3年間隊長を務めた俺ですが、ようやく代替わりだね。研究室の打ち上げ後、21時半に臨港パークへ到着。先に到着してたナルくんには大雑把に場所を指示しておいたけれど、正直ここまで埋まってるとは想定してなかったわ。と言うのも、去年23時に来たときよりも場所が取られてんの!!あり得なくねー?まだ21時半だよ?最前列はもちろん、通路よりも海側はほぼ全て占拠されてる状態・・・。場所取りは年々過熱する傾向にあるけど、ここまでひどいとは思わなかった。仕方ないから、臨港パークの一番北側の端っこ2列目をゲット。場所取り4年目で一番早く来たのに、一番悪い場所になるとは、なんだかねぇ。気を取り直して、次は研究室の分の場所取り。こっちは少人数だから狭い場所でもいいわけで、最前列のさらに前の階段状のスペースを確保。この時間ならまだ隙間いっぱいあるから、狭くていいなら余裕で確保できるのね。花火前日はこれにて解散!

花火当日。俺は夏期集中講義1日目。2〜4限みっちり授業。情報処理センターに5時間缶詰めなんて、非常に夏らしくない授業だ。(笑) 授業後すぐに横浜へ!ピロ姉と合流して、ジャックモール経由で臨港パークへ。桜木町から歩く人はクイーンズを通り、横浜・新高島から歩く人はゲントを通るから、その中間に位置するジャックモールのお店は意外と空いてた。穴場発見だ!17時半の臨港パークは、どう見ても去年より混んでる様子。今年は江の島花火大会とかぶってるから空いてると思ったんだけどね、見事に予想が外れたわ。涼しい天気だったから人が沸いてきたのかなぁ?その後よしざーさんと研究室メンバーを迎えに行くため、一度臨港パークを出たら、なんと入場規制が!去年は規制するほど客いなかったのに。メンバー揃ったところで、規制を無視して臨港パークへ。強行突破なんて慣れたもんさ。(笑) さぁいよいよ花火本番っ!

花火は相変わらずコンセプトのないスターマインが多かった。風が弱くて花火と煙がかぶってしまうときもあったけど、ギリギリ許容範囲って感じかな。横浜の花火は“間”が悪いっていう悪評(?)があるけど、今回は特にひどかった気がする。なぜオープニング直後に2分くらい止まるのか?なぜ最大の目玉である2尺玉を直前のスターマインで煙だらけの空に打ち上げるのか?そして、なぜ終了の合図の後に尺玉が1発上がったのか?(笑) まぁ最後のは完全にミスだと思うけど、随所随所でテキトーさが伺える内容だった。あと、今回「シンクロ花火」っていう題目で、音楽(世界に一つだけの花)に合わせて花火を打ち上げる初の試みがあったけど、海側まで音楽聞こえなかったから感想はパス。仮設トイレの横にスピーカー置いたって、せいぜい池周辺しか聞こえないっしょ。音楽なしでも十分キレイなスターマインだったからまだ良かった。(苦笑) なんかあまり良いこと書かなかったけど、一つ一つの花火はとってもキレイだし、2尺玉の迫力も十分だったよ!みなとみらいの花火はこんなもんさ。

それにしても運営側はお金ないのかねー。今年から、プログラム配布と同時にワンコイン募金が始まったみたい。完全に山下公園花火の真似だね。プログラムくらい無料で配ってほしいけどなぁ。(ちなみに山下公園では、募金するとプログラム&うちわがもらえる。プログラムだけなら無料配布。)

今回OBは、ピロ姉・よしざーさん・ナガオ氏・まっちゃん・ぴょん・俺の6人だった。あ、ガンちゃんとバタ子を入れると8人かな。(笑) 対する現役陣はサコ・ゆーみん・サミー・たこすけ・1年生5人の計9人。うー、惜しいけど今回は現役陣の勝ち!やっぱ平日じゃOB陣は勝てないっす。ちなみにお手伝い陣はミヤシン・ミツヤ・イナバちゃんの3人。それにたこすけが妹2人を連れてきて、イナバちゃんが外人friends(!)2人を連れてきたから、計24名の大所帯。場所を広く取っといて良かったわ。

花火後は9人で横浜のNIJYUMARUへ。途中でマメさんも加わって飲み食い。場所取り隊長ナルくんがすっごい眠そうだった。朝から臨港パークに居てくれたんだもんね、ホントお疲れっ!&ありがとっ!!飲み会が終わって、明日も授業だから早く帰ろー、って思って原付に乗ろうとしたら、今さっき解散したサコちゃんから電話が!「今から宅飲みすることになったんで、来ませんか?」っていうお誘いだった。俺今日の授業で結構疲れたし、明日も2限からなんだけど・・・でもサコちゃんの誘いなら行くっきゃないっ!!(爆) というわけで、ミヤシン・ミツヤ・サコちゃんと宅飲み@ミヤシン邸へゴー!こんなタフに動いて俺大丈夫かなぁ、と少々不安になりつつ、結局朝7時まで起きてた。だって隣にサコちゃんいるんだよっ!“眠り”より“しゃべり”を選ぶべさ。(爆) ドキドキ&ウキウキの楽しいひとときでした☆(もはやこの記事、花火日記じゃなくなってる。。。)
| comments(2) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/08/04(金) 22:10 |
【花火情報】今年行けない花火たち
観に行きたいけど、残念ながら都合がつかず、今年は断念する花火大会リスト。

●8/1(火) 『2006江の島花火大会』
発数5000発、最大2尺玉。(詳しい花火情報は過去の記事参照)
この日は4限まで夏期集中講義。終わってから江の島に行くと6時前到着で、ちょっと遅いよね。なので今年はみなとみらいへ行くことにします。

●8/2(水)・3(木) 『長岡まつり大花火大会』(新潟県)
発数10000発×2日間、最大3尺玉。日本3大花火大会の一つで、関東では見られない“3尺玉”をはじめ、ミラクルスターマイン、ナイアガラ、短時間早打ちのワイドスターマイン、震災復興フェニックスなど、いくつもの花火大会を一つにまとめたようなスゴイ大会!ちなみに2日間とも花火は同じ内容。今年は残念ながら夏期集中講義があるから行けないけど、来年こそ行ってやる〜!!
公式HP(長岡市)参考HP

●8/5(土) 『ふくろい遠州の花火2006』(静岡県)
発数20000発、最大8寸玉。(詳しい花火情報は過去の記事参照)
毎年OB会と日程かぶるけど、今年はOB会を選ぶ!

●8/5(土) 『2006年よこすか開国祭開国花火大会』
発数10000発、最大1尺玉。海上3ヶ所から同時に打ち上がるから、とってもワイドな花火が楽しめる。凝ったスターマインは少ないものの、1万発もの花火が間髪入れずに打ち上がり、ボリュームは十分。花火規模の割に観客数が少なく、メーン会場のうみかぜ公園に直前に着いても余裕で観れるほど。去年までは、花火大会と同じ日程(8月第1土・日)で開国パレードやダンス大会などのイベントを開催していたが、今年は花火大会のみの単独開催のため、観客数はさらに減るかも。
公式HP(横須賀市)参考HP

●8/15(火) 『第58回諏訪湖祭湖上花火大会』(長野県)
発数40000発、最大3尺玉。大曲・長岡・土浦に続き、日本で4番目の(?)花火大会。今年は去年より1万発増え、さらに2尺玉・3尺玉も復活するという豪華っぷり!(去年は3万発で最大1尺玉だった。)お盆真っ只中の開催だから観客数も多く、泊りがけで行かないと無理っぽい。いつか行きたいとは思ってるけど、この大会に行ったことある友達が周りにいないからプラン立てにくい。。。今年は8/16から台湾に行くから、どっちにしろこの大会は観に行けないや。
公式HP(諏訪市)参考HP

●8/26(土) 『第80回全国花火競技大会「大曲の花火」』(秋田県)
発数15000発、最大1尺玉。ズバリ、日本一の花火大会と言われているこの大会!やっぱり花火好きなら一度は行ってみたいわけさ。と言ってもそう簡単には観に行けないこの大会。日本一なだけに、花火がキレイに見える無料エリアはほとんど存在しない=有料桟敷席がほとんど=ツアーに申し込むか、個人で行くならかなり前から宿を予約する必要がある。夏休みのゼミ日程すら確定しない今の状況では、とても旅行プランを練れる状況じゃないし、長岡や土浦にも行ったことない身で大曲に乗り込むと戦略ミス(笑)を起こしそう。というわけで、今年は同じ日程の金沢(横浜市金沢区)の花火大会に行くことにしよー。
公式HP(大曲商工会議所)参考HP
| comments(6) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/07/25(火) 23:48 |
【花火情報】8/5袋井
ナガオ氏からリクエストのあった袋井だけど、残念ながら今年はOB会を優先させていただきます。今年は俺主催の袋井ツアーは企画しないっす。でも一応花火情報は載せとくわ。かおりん行くのかしらん?(そもそも袋井の花火もOB会も、毎年8月第1土曜だから絶対日程かぶるんだよね・・・。)

●8/5(土)19:00〜21:00@袋井 『ふくろい遠州の花火2006』
2年前にレンタカー借りて観に行ったなぁ。俺・シカ・ナガオ氏・タケやす・あっさ・いっしー・ガンちゃんという、今考えるとすっごいレアなメンツで!
袋井の花火は、はるばる静岡県まで車を走らせて観に行く価値が十分ある大会だよ!歴史は浅いものの、年々大規模になってるこの大会。打上場所の広さの制約で最大8号玉なのが残念だけど、花火発数はなんと3万発!桁が違うぜ!この大会は、大きく分けて「単発の花火」・「創作スターマイン」・「メロディースターマイン」の3つで構成されてて、花火業者のコンクールを兼ねてるから見ごたえ十分。特に5分間の音楽に合わせて花火を上げるメロディースターマインのコンクールは、関東じゃなかなか見れないし面白いと思う。

▼場所取り情報
横浜から遠征する身分では、早くから場所取りするのはまず無理。というわけで、無料エリアのメーン会場である原野谷川親水公園は諦めざるを得ない。(地図はこのHPの地図参照) 2年前に俺が行ったときは、16時頃現地に着いて、愛野公園の上のほうを陣取った。それでも結構ギリギリ滑り込みって感じだったから、もう少し早く現地入りしたほうが賢明かも。もっとも、2人とかの少人数なら隙間見つけて場所取れるかもね。ちなみに愛野公園は、打上場所に向かってちょうど斜面になってる公園で、斜面の中腹あたりがベスポジ。埋まってたら、そこより上でも可。

▼混雑情報
電車で行くなら、東海道線の愛野駅で下車。駅から愛野公園までは徒歩20分。電車で来る客が大半だから、帰りの混雑は避けられない。
2年前は車で袋井へ行った。東名袋井ICで下りて、車で10分ほどで田んぼの中へ。会場周辺の道路は通行止めになってるけど(今年の交通規制図PDFはこちら)、規制エリアの外側の田んぼ道は花火客の路上駐車であふれてた。ので、便乗してうちらもこのあたりに駐車。近くに交通規制してる警察官はいたけど、路駐を取締る気配はなかったし、実際最後まで取締りはしてなかった。と言っても、取締りの恐怖感と嫌悪感はぬぐいきれないが。駐車場所から愛野公園までは徒歩15分。

▼プチ情報
この大会は、年々規模が大きくなってて、急速に全国区の大会になった感がある。なので2年前より観客数も相当増えてるかもしれない。

▼参考HP
公式HP(袋井商工会議所)参考HP参考HP参考HP
俺の2年前の日記(2004/8/7)
| comments(0) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/07/25(火) 02:25 |
【花火情報】8/1江の島
俺は行けないけど、江の島花火の情報も載せとこー。行く人いたら参考にして下さいな☆

●8/1(火)19:15〜20:15@江の島 『2006江の島花火大会』
江の島の花火大会は、2年前に一度だけ行ったことがある。場所取りとかもせず、たしかナガオ氏と一緒に当日17時くらいに現地へ行って、テキトーにシート広げたなぁ。タケやす、バタ子・・・あと他に誰がいたか覚えてないけど、全部で8人ぐらいで観に行った気がする。
江の島は、発数5000発でやや少ないものの、みなとみらいと同じ2尺玉があるのがポイント。さらに、浜に近い所と少し沖に出た所と、2ヶ所から打ち上がるのが楽しかった。今手前でスターマインが上がったと思ったら、終わらないうちに奥で別のスターマインが始まって、もうどっち観ていいか分かんないってくらいワイドな視界!後半は2ヶ所同時にスターマインが上がったりして圧巻だった。ってか花火玉の殻が時々落ちてきた!それくらい打上場所の近くで観れるから、小さい玉のスターマインでも迫力十分なのです!

▼場所取り情報
2年前はよく晴れた夏の日だったから、海岸は夕方まで海水浴客で混雑してた。うちらが行った17時頃は、ちょうど海水浴客が減り始めて、入れ替わる形で砂浜に花火客がシート広げてるところだった。
オススメの場所は、江の島より西側の一番片瀬橋に近い砂浜。(地図はこちら) 小田急線片瀬江の島駅の改札を出たら、川を渡らずに、右側の商店街っぽい道を通って海沿いの国道へ。信号(横断歩道)で国道を渡ったら右へ曲がって、少し歩くと左側にウッドデッキっぽい道があって、そこを通ると砂浜へ出れる。海岸には海の家がずらっと並んでるから、海に向かって一番左側の海の家の、さらに左側付近の砂浜が良いと思う。そこは打上場所に程近くて、山下公園やみなとみらいと違って花火はほぼ真上に上がるから、最前列とかは気にしなくていい。むしろ寝転がれるくらい広めにシートを広げたほうがいいよ。

▼混雑情報
行きも帰りも、小田急線片瀬江ノ島駅が断然便利。だけど、花火客はほぼ全員この駅に集中するから、めっちゃ激混み!覚悟すべし!!花火が終わった途端、海岸から駅まで人の群れが出来上がって、警察が強力に整理するものの、どこを見ても人、人、人。通常徒歩10分の距離なのに、駅改札まで30〜60分かかる。切符orパスネットを事前に買っておくと、切符売り場に並ばなくて済むから、5〜10分くらいは短縮できるかもね。何年か前に明石市の花火大会で死亡事故があったけど、あれを現実味帯びて感じ取れる混雑っぷりだから、マジで。

▼プチ情報
今年はみなとみらいの花火大会と日程が同じだから、結構空くだろうね。地元の人は江の島に集まると思うけど、遠く(東京方面)から来る人は間違いなくみなとみらいを選ぶだろうから。江の島行くなら今年行っとくといいかもよっ!

※去年は江の島に行ってないので、↑の情報は2年前の経験に基づくものです。2年前だと記憶が風化するので、“つい大げさに”書いてるかもしれません。(笑)あしからず。。。

▼参考HP
公式HP(藤沢市観光協会)参考HP参考HP俺の2年前の日記(2004/8/3)
| comments(0) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/07/25(火) 01:28 |
【花火情報】8/1みなとみらい
今夏の花火第3弾は、みなとみらいの花火大会!

●8/1(火)19:15〜20:30@みなとみらい 『第21回神奈川新聞花火大会』
山下公園と同様、毎年恒例、実行委員で場所取って花火を観る大会だ。俺は大学1年のときに先輩に誘われて初めて花火を間近(最前列)で観て、以来花火にハマるきっかけとなった大会だよ。毎年欠かさず観に行ってるから、なんと今回は5年連続5回目!
この大会の“売り”は、なんと言っても2尺玉!山下公園は最大1尺玉だったから、その半径2倍の花火が登場するわけ。たった数発とは言え、大空に広がる2尺玉の迫力はスゴイっ!花火の発数は8000発で、山下公園6000発に比べれば多いけど、それは4号・5号とかの小さめの花火がたくさん打ち上がるって考えて良い。スターマインの数は山下公園と大差ないし、むしろ芸術性では少々劣る。でも、子供が描いた絵を花火にしてみる企画“夢の花火”が毎年あって、そういうユニークな工夫が見られる良い大会だよ。
この大会は平日開催(毎年8/1)だから、山下公園に比べればめっちゃ空いてるし、メーン会場の臨港パーク自体も広いから、そんなに混まないのがイイね。さらに今年は江の島花火大会(毎年8月第1火曜)と日程かぶってるから、さらに空いてるかも!?

▼場所取り情報
打上場所の真正面は臨港パーク北隣のヘリポートなんだけど、残念ながらここは有料席。なので無料エリアでは、臨港パーク内の北側が良い。公園内の一番北側には池があって、そこにアーチ型の橋があるんだけど、その橋の南側(海に向かって右側)がベスポジ。花火を真正面で観たいなら橋の北側のほうがいいんだけど、花火当日は橋が通行禁止になる=橋が渡れない=池の周りを迂回しなきゃいけないから、桜木町方面から来る人にとっては、ちょっと場所が分かりづらい。ってことで、橋の南側がベストだと思われる。ここなら「臨港パークに着いたらまず海側へ。海に向かって左へ歩いて、橋の手前にいるよ!」ってな具合で場所を伝えやすいのです。ここなら公衆トイレも近いし、一番混むパシフィコ側からも遠くて比較的空いてるし、帰りは横浜駅側の出口からスムーズに出れるし、うん、やっぱりベスポジだよ。
前日夜の場所取りは年々加熱してて、去年は23時の時点ですでに臨港パーク最前列&2列目が埋まってた。今年はもっと早く行かないとダメかもね。理想は21時くらい?
公式ルールでは、前日の場所取り&無人の場所取りは禁止。したがって、ルール上は24時以降に有人で場所取りしなきゃいけないんだけど、山下公園のようなシート撤去等の取り締まりは今まで一度も実行されてないから、多分今年も大丈夫かと。ただ、海風が強くてシートが飛ばされる悲劇が頻発するから要注意。シートの4辺全てをガムテで止めて、さらに念入りに四隅も再度留めておきましょう。当日は、風で飛ばされてないか朝に確認しつつ、遅くとも朝10時からは人を付けるべし。

▼混雑情報
過去の経験から言うと、公園内の公衆トイレは17時頃から行列ができる。携帯は各社とも17時頃から通信規制。ただし、movaとvodafone2Gは若者の利用者が少ないから多分規制かからないと思う。ちなみに俺はmovaユーザー。(FOMAは巨大アンテナが目の前にあるのにいち早く規制がかかる。すさまじい。)
交通事情は、みなとみらい周辺道路が18時から通行止め。バイクなら18時前にみなとみらいへ来て、横浜美術館付近に止めればOK。警察がたくさんいるけど、取り締まられた前例ないから大丈夫かと。
電車の人は、初めて臨港パークへ行く人は桜木町駅かみなとみらい駅からどーぞ。道分かる人は新高島駅・横浜駅からでも全然歩ける。帰りは、みなとみらい駅と桜木町駅は入場規制がかかるけど、うちらは横浜駅まで歩くから関係なし。

▼プチ情報
ちょっと気になるのが、去年の事故。前日深夜からの場所取りで酔っ払いが海に落ちて水死した事故があったのです。もしかしたら、今年から再発防止のために深夜の場所取りは規制が厳しくなるかもしれない。ちょっと心配だわ。

▼参考HP
公式HP(神奈川新聞社)参考HP参考HP参考HP
| comments(2) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/07/25(火) 00:46 |
【花火日記】7/16山下公園
今年も山下公園の日がやって来た!!まずは前日の場所取りからスタート。夜9時、場所取り隊長かおりんが、新入生3人と一緒にほぼ例年通りの最前列をキープしてくれた。年々場所取りが激化する中、我ら実委も負けじとばかり、今までで一番早い21時にゲット。その後関内のかおりん邸でナポレオン祭りってことで、俺・バヤシ・ミヤシンがそこから合流。かおりんの部屋に計7人・・・狭い。(苦笑) ナポレオンやってみたけど、新入生たちの飲み込みが早いのなんの。経験値で勝てるかと思いきや、全然ダメダメだった〜。やっぱり若者は強いわ。ナポレオンが一通り飽きたところで、麻雀にバトンタッチ。俺は麻雀やらないけど、新入生たちが麻雀に負けるごとに暴露される秘密トークを楽しんだ。(笑) そんな感じで、朝かおりん邸から撤収。山下公園は新入生に託して、俺は一度帰宅。

「現役に負けないくらいOBを呼びたいっ!」という俺のわがままに乗ってくれた(?)ピロ姉&マメさんと一緒に山下公園へ。かおりん経由でケンゾーさん夫妻&スダさんカップルも来てくれて、さらにかおりん自身もmaksさんを連れて来て、なんと4カップルそろい踏み!うちの代はナイトー・シカ・ナガオ氏が集まって、なんとOB陣は計11人に!こんなにOB集まったの初めてじゃないか?気になる現役実行委員は、新入生がなんと9人も!1年生強えなー。2年はサコちゃん&たこすけで、現役陣は以上計11人。OB陣も11人だから、現役vsOBの勝負は引き分け〜。ちなみにお手伝い陣はかおりん・ミヤシン・ウエピーの3人だった。ということで、計25人。過去最大の人数かもね!

それにしても、こんなに人数集まるとは思わなかったな。もう去年の段階で、実委で花火を観に行く文化が立ち消えるんじゃないかと思ってたんよ。うちらの代が卒業したら、場所取りとかする人いないんじゃないかと思って。実は今回、実委で場所取りしない場合に備えて、OB陣が集まれるようにトリンケンで場所確保しようと動いてたんよ。でも、そんな心配は無用だったね。特に新入生がいっぱい花火に来てくれて、しかも場所取りもやってくれて、これでこの先何年かは安泰だ!良かった良かった。

さて、花火本番まで待つ間は、トランプで神経衰弱→7並べ→ジジ抜きと、古典的な遊びをやってみた。途中でさとみん&カズヤカップルが遊びに来て、さとみんも神経衰弱に参加。平均年齢23才のお年寄りメンバーでやった神経衰弱は、記憶力の勝負というより、偶然の奇跡がいかに重なるかが勝負のカギだったね。(笑) 曇ってたし風もあったし、途中で波も押し寄せたし(実話)、そんなに暑くなくて過ごしやすかったなー。

さぁ花火本番!!去年より約1000発減ったけど、減った中身は4寸玉とかの小さめの花火だった。逆にスターマインの数は少し増えたし、毎年恒例の新作花火や変わり種も健在。しゅわしゅわ音が鳴る花火や、シルバー一色だけの花火、色とりどりの千輪など、ちゃんとコンセプトを持ったスターマインの数々が芸術レベルの高さをうかがわせるね。
ちょっと単調な5寸・7寸の花火が続いて眠くなってきた頃にバヤシから電話が。家から花火を観てるらしく、一緒に花火の感想とかしゃべりながら・・・って、それなら山下公園に来いよっ!(笑)
プログラム前半は最大でも7寸玉で、ちょっと物足りなさが残るが、それは毎年恒例高島屋協賛の特大ワイドスターマインで打ち砕かれた。とにかく豪華なスターマイン!いろんな種類の千輪が尺玉で打ち上がって、それを皮切りに次々と尺玉が登場した。後半で一つだけ、7寸玉くらいの花火が一番高いところで爆発せず、高さ3分の1くらいの地点まで落ちたところで爆発した。花火が開いたときには、円形の下の部分はすでに海・・・。こんな大きな大会でこういうミスを初めて観たよ。貴重な経験だわ。そしてプログラムの最後は、日産→相鉄→タカナシ乳業の横浜大御所3社の協賛で連続スターマイン!最後の締めは、毎年恒例の単色連発のスターマインで幕を閉じた。適度に風があって煙がかぶることはなかったし、キレイな花火を堪能できたよ〜☆

花火後は、みんなで飲みに行くことに。ウエピーは帰っちゃったけど、それ以外の24人全員参加ってすごくない?学祭の打ち上げより参加率高い気が。(笑) 1次会@白木屋の後も、現役の子たちで2次会へ行く様子だったし、今年の新入生はすっごいアクティブなのねー。なんか、安心しました。今回長時間に渡り場所取りしてくれた新入生たち、ホントにお疲れっ!ありがとねっ!!(って書いてもこのブログ見てないだろうけど。(笑)) 来年以降も、どーかよろしくお願いいたします!
| comments(6) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/07/17(月) 20:50 |
【花火情報】7/16山下公園
今夏の花火第2弾は山下公園☆俺が持ってる情報をとりあえず載せとく。

●7/16(日)19:30〜20:40@山下公園 『第51回国際花火大会』
毎年恒例、実行委員で場所取って花火を観る大会だ。俺は3年生のときに初参加で今年で3年目。ナイトーとかは毎年来てるんじゃないか?
この花火大会は、発数が6000発でそれなりに大規模で、なおかつ芸術レベルが高いのが特徴!ユニーク花火や新作花火もよく登場するし、スターマインの数も多いし、純粋に花火を味わうにはもってこいだね。ただ、日程が3連休の真ん中に設定されてて人がめっちゃ集まる上に(ざっと50万人!)、一般客の見物スポットが山下公園周辺に限られてるため、“激混み”なのが難点。(赤レンガパーク周辺からも観れるけど、大桟橋が障害となって少々観づらい。やっぱ障害物なしで観たいじゃん!ちなみに大桟橋は有料席&市民招待席だから、一般客エリアはほとんどない。)

▼場所取り情報
打上場所の真正面は、銅像(赤い靴の女の子の像)よりも南側(海に向かって右側)の通路丁字路付近。でも道路から公園に入ってくる通路に近すぎると激混みだから、銅像の前か、その南側が落ち着いて観れるベスポジ(ベストポジション)かと。
過去2年間の経験によると、ベスポジ付近の最前列は、前日夜21時くらいに埋まると予想される。最前列を確保する必要はないけど、遅くとも24時には行かないといい場所取れない。ちなみに去年は、銅像の北側の半円形の岬(?)付近の最前列を24時にゲット!
注意すべきは「場所取り規制」。去年から規制が厳しくなって、当日の昼12時前に無人で放置されているシートは、係員に撤去されるようになった。今年は撤去時刻が朝10時に早まってるから要注意!!遅くとも朝9時には人を付けなきゃね。理想としては、公園に人が増える前の朝7時頃から有人だと◎。(ちなみに、夜中ずっと有人で場所取りするのも有りだけど、結構治安悪いから女性は危険。酔っ払いが多すぎるんよ。昔の学祭より危ないから。(笑))

▼混雑情報
山下公園北側の公衆トイレは、だいたい昼過ぎから行列ができる。16時すぎると、トイレに行きたくなくなるほど激混み。
携帯は、ドコモは15時くらい、他社も16時すぎから発信規制がかかる。
17時過ぎには、山下公園自体が人で埋め尽くされて、“これ以上人が入れない”ってことで入口が閉鎖される。けど、警備員の腕をくぐってカラーコーンをまたげば余裕で入れるけどね。
交通事情は、バイクユーザーは関内駅の市営駐輪場が便利。(日曜だから無料だし。)電車の人は、MM線(みなとみらい線)元町中華街駅か、JR・地下鉄関内駅からどーぞ。花火終了後は、MM線元町中華街駅→MM線日本大通り駅→JR関内駅→地下鉄関内駅、の順で入場規制がかかる。特に急いでないなら、一番早く混雑が解消する地下鉄関内駅を使うと良い。21:30を過ぎれば結構すいてる。

▼プチ情報
こんなご時世だから花火大会の資金繰りも厳しいわけで、今年は去年より発数が減る(7000発→6000発)んだってさ。去年から、ゴミ処理費用に充てる100円募金も始まったし、相当厳しいのかね。さらに今年は山下埠頭に有料席エリアが増えた!つまり、一般客のエリアが減るわけで、毎年そこで観てた一般客は山下公園に流れてくる予感。。。混雑が激しくなりそうだ。

▼参考HP
公式HP(横浜商工会議所)参考HP参考HP参考HP
| comments(0) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/07/11(火) 01:45 |
【花火日記】7/1弁天島
今日は弁天島の花火大会!しかーし、実はうちの研究室主催の目黒線架け替え工事の見学会があるんよね・・・。さらになんと、俺がお手伝いしてる早稲田大のシンポジウムも明日が本番。この土日は、まさかの用事3件トリプルブッキング!にも関わらず、俺は迷いもせず、優先順位1位に弁天島1泊2日を選んだよっ!だって行きたいもんっ!!

そんな強い意気込みで臨んだ今回の弁天島。朝7時半、まずは関内へ出発。お菓子を袋いっぱいに抱えてかおりんが登場。さすがかおりん!その後三ツ沢中町へ行くが、案の定バヤシは遅刻。もちろん想定内だけど、その後川崎で乗ったタケやすは35分待ちだったそうな。ドンマイ☆ 続いて新川崎のシカ邸へ。車に乗って開口一番「クリーニング屋に寄ってぇ」とシカ。いやぁ、相変わらずだねぇ。(笑) その後なぜかクリーニング屋とシカ邸を1往復した後、やっと弁天島へ向けてスタート。

俺が昨晩丹精込めて作った“てるてる坊主”を車のバックミラーに吊るして、そのおかげか天気も上々!普通この時間は東名の厚木IC手前で渋滞するんだけど、奇跡的に渋滞に1度も遭遇しないまま、予定より早く渚園に到着。ここは弁天島花火用の無料駐車場があるのさ。ここから20分くらい歩いて、15時半、無事に弁天島に到着〜☆・・・なんだろう、この空きっぷり。ホントに花火あるよな?と疑いたくなるほど人が少なかった。なんでだ?とりあえず、いつも通り鳥居の真正面2列目あたりの場所を確保。花火が始まるまでの間は、ゴロ寝したり、出店で食べ物買ったり、5人でトランプしたり。どうせなら知らないトランプゲームをやってみよう(?)的な展開になって、シカのケータイのインターネットブラウザ機能をフル活用して、Wikipediaでトランプゲーム「ナポレオン」のルールを調べたりして、初心者一同でやってみたり。17時にはどんどん人も増えてきて、あっという間に周りはシートでびっしり。この花火直前のざわざわ感、俺は好き♪

そうこうしてる間に、19:20花火スタート!空を見れば、雲も取れて月まで出てるー!風もほどよく吹いて、花火がとってもよく見える“花火日和”の中、80分間、3000発の花火を堪能☆ 提供のアナウンスととも4〜5号玉が淡々と打ちあがる中、随所随所に登場するスターマイン。さらに中盤には10号玉が一発ずつ上がる祝賀花火と、たった1発だけの見逃せない2尺玉。観てる人が眠くなってきた頃に、何かしら“目玉”となる花火が打ち上がって、よく考えられたプログラムだ。“仕掛け花火”と銘打った地元企業のCM(?)も相変わらずで面白いし、何よりアナウンスのおばちゃんの声がレトロさを感じさせるね。やっぱりこの花火大会いいわ〜。終盤は、これでもかと次々打ちあがる大スターマインからナイアガラへ。ラストは一連の花火の“オチ”である「終」の大仕掛け。(笑) 3年連続でこの花火大会を観に来てるわけだけど、期待を裏切らない、実に面白い構成で今回も大満足なり!!3000発という数は決して多いとは言えないけど、たった3000発でここまで観衆を魅了する花火は他にないと思う。また来年も観に行きたいっ☆

花火後は早々に会場を後にし、車で小1時間ほどの三ヶ日へ。本日はシカの別荘にお泊まりなのだ!W杯見つつ、トランプやりつつ・・・と言うかむしろ「ナポレオン」を研究してたね、うちら。この順番でこの人がこのカード出すなら次はこうすればいい、とか、このカード出せば仲間の援護になる、とか。。。気付けば「ナポレオンゼミ」が開催されていたわけで。(笑) 結局、眠気が限界を迎えた4時頃までずっとナポレオンやってた。それにしてもバヤシはジョーカー持ちすぎ。強いったらありゃしない。

翌朝、夜更かししたせいでなかなか起きないみんな。10時半くらいにようやく起きて、まったりしつつ別荘を出発。浜名湖に来たからにはうな丼食べなきゃ!ってことで、昼食はうな丼。やっぱり本場はウマいっ!味オンチの俺がそう思うってことは、相当おいしいってことですよっ!!(笑) その後寄ったお土産屋さんで、冷凍みかんの歌を初めて聞いた。これが噂の冷凍みかんかぁ。花火も観たし、うなぎも食べたし、お土産買ったし、全ての欲求が満たされたうちらは、もはや“意志なし”。(笑) ちょっと時間はあるものの、特にどこか寄りたい場所もないからってことで帰路に着く。途中で東名の海老名SAに寄って、最後のナポレオン!フードコーナーの机を占拠してナポレオンに興じる学生4名&社会人1名。なかなかウケる光景じゃない?(笑) 結局、最後は俺が奇跡的な一人勝ちを収め、昨日の夜からカウントしてる合計ポイント1位に!やった!優勝だぁ!!何気に嬉しいぜぃ。そして夜8時、レンタカー返却時間ぴったりに解散。お疲れっ☆

いやー、めっちゃ充実した2日間だったわぁ。花火観てうなぎ食べただけ、と言われればそうなんだけど、やっぱり俺は極度の花火好きらしい。だってめっちゃ楽しいもんっ!あと、車は4分の3くらい俺が運転したんだけど、俺が運転好きっていうのもあるね。花火と運転、両方大好きなのさ。なんかね、せっかくこんなに楽しい日が終わっちゃうなんてもったいないっ!とか思う。もっと今日が続けばいいのに・・・と噛み締めるように思う。
今回、行きたくても行けなかったまっちゃん&ナガオ氏は、ぜひ来年に期待!絶対来年も企画するぞー!!
| comments(0) | trackbacks(0) | 花火(2006年) | 2006/07/05(水) 23:56 |


このページの先頭へ
ハッピーフロアレッツら花火YNUfes Albummixi