fujisan'chi

fujisanの日記です☆
たま〜に気が向いたら更新中。
<< 3/16(水)少しずつ安否判明 | main | 3/21(月)節電&買い控え >>
3/19(土)震災から8日

通常の日記スタイルに戻りまーす。
前の記事と内容がダブっちゃうけど、まぁ、細かいことは気にしない!

▼3/5(土)
職場の人の結婚式へ!友達の結婚式には何度か出席してるけど、職場つながりは初めてです。挙式は別の日に身内だけで済ませてあり、新郎いわく、今日は披露宴と2次会を足して2で割った「1.5次会」だそうだ。いわゆる、レストランウェディングと呼ばれるタイプなのかな?会場はオリエンタルビーチ元町。さすが元町、すごーくオシャレなお店!いつくか椅子もあったけど、指定席ではなく、大半の人は立食でした。年輩の人は、2時間立ちっぱなしがきつそうだったけど・・・。お料理はビュッフェ形式。雰囲気的には完全に2次会だ。店内のらせん階段から新郎新婦が登場→新郎の上司挨拶(当日直前に打診という無茶振りでタジタジ)→新郎の元上司乾杯→全員の集合写真撮影→ケーキカット→ファーストバイト(新婦が新郎にケーキ食べさせるやつ)→新婦友人の合唱(余興)→新郎新婦司会(!)のビンゴ大会(上司が亀の子たわしゲット)→新郎から新婦へギター弾き語り(サプライズ企画!)→男女混合のブーケトス(結果、男性が受け取る)→新郎新婦挨拶→お見送り。これだけテンコ盛りで2時間きっかり!イベントの合間には、若干だけど歓談タイムもあって、みんな一通り新郎新婦のところへ行く時間もありました。素晴らしすぎる時間管理だ。慌しさは否めないけど、新郎新婦の幸せそうな顔を見たら、そんなことどうでも良いかもなぁ、と思ったよ。(笑) 最後のお見送りで、さっき撮ったばかりの集合写真がもらえた。後でデータで送られるより、断然嬉しかったっす!
1.5次会集合写真

▼3/6(日)
ありちゃんと大井松田インター近くの夜桜ライトアップへ行ってみた〜。東名をおりる前から、異様に光る山を発見。立て看板に従って車を走らせ、急な坂道をぐんぐん登り、山の中腹にある駐車場へ。早咲きの河津桜が山の斜面にたくさん咲いてて、その足下には菜の花も!見事な競演!しかも山の上なので、桜の合間からは足柄平野の夜景まで楽しめちゃうロケーション。すごく絵になる!実際カメラ好きと思われる人がわんさか写真撮ってました。お花見するにはまだ寒いけど、夜桜を見ながら散策っていうのもなかなか良いもんですよ♪ 山合いなので花粉も多く、くしゃみ&鼻水が止まらんかったが(笑)、早咲きの桜のお花見スポット、良い穴場を見つけたかも☆
夜桜ライトアップ@松田

▼3/7(月)
今まで花粉症の飲み薬は飲んだことがありませんでした。目薬とか鼻に塗るやつは使ったことあるけど、飲み薬はどうも苦手で・・・。でも今年の花粉は手ごわいし、ありちゃんが「意地を張らないで、いいから飲め」と言うので、昨日ついに鼻炎薬を買ってみました!しかーし、昨日横浜シャルのスピガでお茶したとき、その鼻炎薬を机の上に置き忘れたまま帰ってしまったのです・・・。まだ一粒も飲んでないのに・・・。今日、ダメもとでお店に電話してみたら、「アルガードですね(笑)」と。保管しといてくれるとは、なんと優しいお店!というわけで仕事帰りに取りに行きました。これで今年の花粉症対策は一歩前進!

▼3/11(金)
14:46、東北地方太平洋沖地震が発生。横浜は震度5強でした。うちの職場は引越作業中で、空の書棚が倒れたり、山積みの段ボール箱が崩れたりしたけど、全員ケガもなく無事でした。うちの職場はビルの6階、それも結構古いビルなので、5強以上に揺れたんだと思います。右に左に振り子のように大きく揺れて、壁や天井にひびが入りました。“立っていられないほどの揺れ”を初めて経験しました。すぐに災害対策本部が立ち上がり、電話連絡が慌しくなる中、幸いにも停電には至らなかったのでテレビがついて、その映像に衝撃を受けました。大きな津波が町を飲み込んでいく・・・。映画で見るような映像が、生中継で流れていました。信じられない・・・。地震で倒れた棚や段ボール箱を直そうかと思っていたら、上司が「余震があるかもしれないから、しばらく作業は中断」と指示。そしてその5分後、またしても大きな揺れが!上司の読みどおり、余震がきました。今度は震度5弱で、さらに棚が倒れ、段ボール箱も崩れました。さっきの上司の指示がなかったら、俺は下敷きになってたかも。今夜はずっと職場に残る人もいる中、俺は夜9時前に仕事が終わりました。が、電車は運休、道路は大渋滞でびくとも動かないためバスも来ず、家まで歩いて帰宅。休憩なしの早歩きで1時間40分かかりました。思いのほか早く着いた!

▼3/13(日)
土日は仕事が休みだったので、主にネットで被災地の情報収集。と言うのも、父の実家が、宮城県の石巻市、海から500mほどの平地にあるのです。おじいちゃん・おばあちゃんと、同居している伯父・従兄弟、その近くに住んでる親戚が4軒、全員安否が分かりません。NTTや携帯会社の災害伝言板はもちろん、mixiやブログ、ツイッターとかに溢れてる避難者の情報をかき集めてみるが、有力な手がかりなし。唯一確かなのは、おじいちゃんたちの家があった場所には、もう家がないという事実。Google Earthの地震翌日の衛星写真で分かりました。その地区はまだ避難者数すら発表されてないから、自衛隊も辿りつけていないのかも・・・。そして、関東では明日から計画停電が始まる。うちは何時から何時まで停電するんだろう?と調べてみるが、東京電力のホームページも電話もパンク状態でつながらない。それはみんなも同じで、俺に聞いてくる友達も。(笑) 頼られるのは嬉しいので、つい頑張って調べてみる。そんなことをしてたら夜中になってしまった〜。

▼3/14(月)
計画停電の影響で始発からJRが運休。電車が動かないとなると、普段電車に乗ってる通勤客はどうするか・・・バスに乗るんですね。というわけで、今日のバスはえらいことになってました!俺は始発から2つ目のバス停で乗るんだけど、ここで既に満員ぎゅうぎゅう詰めに。以降のバス停は、ほぼ全て通過となりました。待てど暮らせど満員の通過バスしか来ないなんて・・・とても悲しいですね。そもそも、普段電車で運んでる人数をバスで賄うなんて、キャパ的に絶対無理だし。それでも今日は臨時休業の会社が多かったようで、関内のオフィス街は閑散としてました。うちの職場では、上司が今日から仙台市の応援へ出かけました。当面は3泊4日ずつ、交代で応援に行くらしい。救援物資の仕分け作業とかを手伝うそうです。一方で、父の実家の石巻市は相変わらず情報が少ないです。それだけ壊滅的で、避難所も孤立している証拠なんだと思います。マスコミも今日になってようやく石巻市内に入れたようで、避難所から生中継してました。

▼3/15(火)
昨日の朝とは違い、今日はJRが動いてました。本数を減らしてるとは言え、動いてくれるだけ助かります。だから今日のバスはそんなに混まないはず・・・という見込みは甘かった。今日はガソリンスタンド待ちの車で大渋滞!12時オープン予定のスタンドに、朝7時から70台も並んでるよ・・・。片側1車線がつぶれて国道1号大渋滞。でも、うちの父も例外ではなく、他のスタンドで朝6時半から1時間並んで給油したらしい。1台20リットルまでの制限付きにも関わらず、午前中に完売だとか。ガソリン入れるのも一苦労だなぁ。そして相変わらず余震が多いです。震度4くらいじゃ驚かなくなったことに驚きだ。

▼3/16(水)
一人暮らしの従兄弟(Kさん)から父に連絡があり、無事とのこと!震災から5日たって、ようやく第一報が入りました。比較的被害の少ない地区に住んでいたため、家も無事。避難所に電気が通って、衛星電話も設置されて、そこから電話をくれたようです。まずは親戚1人目の無事を確認。その後、Kさんの弟(Sさん)の携帯から父に電話が。しかし、電話口の声はSさんではありませんでした。携帯電話の持ち主であるSさんは、残念ながら亡くなったそうです。遺体を確認した近所の方が、携帯を持って歩き、電波の届く市街地から連絡をくれたのです。それと同時に、Sさんの父親(つまり私の伯父)が生きていて、電波の届かない避難所にいることも教えてくれました。親戚2人目の無事を確認です!早速この情報をKさんに伝えると、Kさんは雪の降る中、歩いて伯父のいる避難所へ向かってくれました。いわゆる「孤立状態」と呼ばれる地区なので、自衛隊のヘリか、瓦礫をかき分けて徒歩で行くか、移動手段はその2択なのです。その避難所で、Kさんと伯父が再会して、いろいろと状況が分かりました。地震のとき、父の実家には家族4人全員が家にいたそうです。津波が多い地域なので、地震後すぐに2階に避難。そして経験したことのない大津波に体当たりされ、家は流され、家族4人もばらばらに流されたそうです。伯父は奇跡的に助かり避難所へ、Sさんは近所で遺体となって発見、祖父・祖母は行方不明。そして今日、避難所では、初めて食糧が届き、1人1つおにぎりが配られたそうです。震災から5日たって、初めての食糧!そんな話を、Kさんは伯父から聞き取り、衛星電話付きの避難所に戻り、私たちに電話で伝えてくれました。

▼3/17(木)
昨日とは別の親戚3軒から相次いで無事の連絡!うち1軒は津波で家が流されたそうですが、別のところに避難していて助かったそうです。震災から6日たって、親戚全員の状況が分かりました。まとめると、従兄弟が1人亡くなり、祖父・祖母が行方不明で、他は全員無事です。家は2軒が流出、3軒が無事。きっと被災地では親戚全滅の方も多いだろうに、うちはこれだけ生き残ることができて、不幸中の幸いだと思います。一方、関東では、毎日計画停電が実施されてますが、そういえば我が家は地震当日も含めて、一度も停電してないんだけど、なんでだろうー?と思ったら、計画停電回避地域に指定されてました。ありちゃんが教えてくれました。(笑) 多分近くに大きな病院があるからだとか。

▼3/18(金)
最近、父は、どうにかして石巻へ行けないかとあれこれ検討してます。生き残った伯父に会って、横浜に連れてくるために。しかし、新幹線は当面運休だし、交通規制やガソリン不足のため車で行くのはあまりに無謀。そんなところに、東京〜仙台間の高速バスが運行再開というニュースが飛び込んできました。と言っても、便数は少ないんですが・・・。仙台まで行けたとしても、石巻行きのバス(予約不可の先着順)に乗れるのか、宿泊先はどうするのか(まさか避難所に泊まるわけにはいかないし)etc、課題は多いです。

▼3/19(土)
高速バスの予約ですが、電話がパンク状態でつながらない中、父はわざわざ東京へ出かけました。電話がつながらないなら、電話先まで行ってしまえ、と。そしてなんと、切符をゲットしてきたのです!すげぇ行動力!!便数が少ないため、1週間以上先の切符ですが、ゲットできて良かったと思います。宿泊先とか全く未定だけど、まだ時間はたっぷりあるので、その間にホテルも続々と営業再開するんじゃないかと期待しています。それにしても、節電で駅の照明が消えてると、なんだか終電の後みたいな雰囲気になってますね。普段はBGMがうるさいヤマダ電機も(笑)、不気味なくらい静まりかえってました。客はそこそこいるんだけど、照明が暗くてBGMがないと、みんな静かに行動するようです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 日記(2011年) | 2011/03/20(日) 00:10 |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.happyfloor.net/trackback/825118

このページの先頭へ
ハッピーフロアレッツら花火YNUfes Albummixi