fujisan'chi

fujisanの日記です☆
たま〜に気が向いたら更新中。
マイホーム引越&妊娠報告

久々の投稿で日記を書いたら、長文になってしまいました。(汗)
一言でまとめると、マイホームへ引越&妊娠の報告です!
----------
さかのぼること2年前。以前から戸建のマイホームが欲しいなぁって漠然と思ってて、2017年5月にとりあえず住宅展示場に行ってみたのが始まり。住宅メーカー3社(ヘーベルハウス、住友林業、積水ハウス)のモデルハウスを見て、セールス聞いて、後日セミナー行ったり、見学会行ったり、いろいろ勉強してじっくり比較検討。各社の推しは三社三様だけど、営業担当者の人柄や話術で印象がだいぶ変わるもんだなーって思った。見学会は、建築中の現場のみならず、新築直後や築10年以上の入居中の家も見学できて、すごく参考になったわ。
同時進行で土地探しも。夏の暑い中、あちこちよく歩いたなー。なぜかうちの親も土地を探して紹介してくれるようになって、10月に親が見つけた土地がなんだか良さげ♪買いま…キープ。(笑)しかし、希望通りの住宅を建てると、土地+建物の合計予算がオーバーという現実に直面。頭を冷やしつつ焦らず熟考。あれこれ悩んだ結果、希望条件と予算になんとか折り合いをつけて、12月、ついに住宅メーカーをヘーベルハウスに決定!2018年1月には、キープしてた土地も正式に契約。
1〜4月は毎週土日に設計の打合せ。この頃が一番忙しかったな。間取りはもちろん、窓、ドア、水回りの設備、収納建具、床材、壁紙、スイッチ、照明などなど、細かいとことまで位置・種類・色を毎週打合せしながら一つずつ決めていく。もし建売住宅なら、この一連の打合せが丸ごと不要なんだけど、こだわって注文住宅を建てたい派なので、ここで手を抜くわけにはいかないのです。でも、こだわると予算がぐんぐん上がっちゃうから、希望を叶えつつ予算を抑える工夫をあれこれ考える。ちなみに、こだわりポイントはたくさんあるけど、細かすぎるのでここでは省略。(笑)
そんなこんなで変更契約を経て、5月に地鎮祭&着工、8月末に建物が完成!たった3か月で家が建っちゃうのね、予想外の早さに驚きだわ。予算抑制のため外構工事は別途発注にしてたから、9月に外構工事をして無事完成〜。
そして2018年10月、ついにマイホームに引越!港北区の大倉山(賃貸マンション)から、港南区の上永谷に移住しました。
着工前 → 工事中1
→ 工事中2 → 完成後

引越から2週間後、奥さんが風邪を引いてダウン。生活環境が変わったし、引越で疲れちゃったのかなーと思ってたら、どうも普通の風邪と症状が違う。熱は無くて、匂いで吐き気がすると。これはもしや、つわり!?妊娠検査薬で陽性の反応。そして産婦人科でも心拍確認。妊娠確定〜!マイホームと言い、赤ちゃんと言い、立て続けに希望が叶って嬉しすぎる♪
一方で奥さんは、11月〜2019年1月は、つわりがかなり重症でめっちゃ大変そうだった。お米や味噌は匂いを嗅ぐと吐き気がするから食べられなくて、匂いが大丈夫な物も食べた直後に吐いちゃう日々。だから体に栄養が届かない。赤ちゃんの分まで栄養を摂る必要がありそうなのに、こんなに吐き気が強いなんて、人体の矛盾が不思議でしょうがない。食べられる物も日々変遷して、始めの頃はマックのポテトとかモスバーガーとかジャンクフードが好物だったのに、いつの間にか塩っけのある食べ物がNGになって甘い物やフルーツに移り、すぐ甘い物もNGになって、終盤はあっさりした煎餅しか受け付けない状態に。すっかり体力消耗して、軽い脱水症状のめまいが止まらず、産婦人科で点滴を受ける日も。ピーク時は2週に1回くらい点滴を受けに行ったよ。
ゼクシィBabyやたまごクラブの妊婦さんの体験談を読んでも、奥さんほど重症なつわりが載ってないから、どうやら最強クラスのつわりを経験した模様。ホントよく頑張って耐えたよ!このつわりのせいで体重なんと7kg減!見るからにげっそり。お腹の赤ちゃんの分で体重が増えるかと思いきや、全く逆の結果に。
1月後半につわりがおさまってからは、食欲は戻ったんだけど、お腹の赤ちゃんが胃や腸を圧迫してるから、量が食べられないそうで、ジレンマと戦う日々。それでも体重は少しずつ戻り、元の体重を超えて、順調に増えている今日この頃です。このまま順調に育ってくれれば、6月前半に産まれる予定☆

出産直前になると買い物に行けなくなるから、出産直後に必要な物は、今の時期に買っとけ!と雑誌に書いてあるけど、それを鵜呑みにすると、買い揃える物がまぁ多いこと…。例えば、新生児用の下着は、事前に買っといて良かったって人もいるけど、産まれたら赤ちゃんが大きくて使わなかったって人もいて、うーん確かにとも思う。抱っこ紐は、奥さんが試着して着け心地が良い商品を選ぶと良いと書いてあるけど、いろんな種類を使って比較しないと分からない気もするし。ベビーベッドは、そもそも買う必要なかったって言う人もいて、必要になったら買えば良いのかなと思ったり。
というわけで、最近子育て中の友達の皆さま、出産前に買うべき物のアドバイスや経験談を教えて〜!
あと、あわよくば(笑)、不要になった赤ちゃんグッズ、無償で譲っていただける物があれば、ぜひください!!

| comments(0) | trackbacks(0) | 日記(2015年〜) | 2019/03/23(土) 21:32 |
2次会幹事やりきった感
(長文の日記でーす)

2次会の幹事、終了ーーーっ!!!
めっちゃ楽しかったぁ〜!!!

昨日は、ハマラブの虎流&いろはの結婚式2次会で、幹事やりました〜。
最近ハマラブの活動には出てこない懐かしいメンバーも2次会にたくさんいたのに、「久しぶり〜」の一言くらいしか挨拶できず、すみませんでした。幹事の仕事で頭いっぱいでした。汗
あと、イベント詰め込みすぎて、歓談時間が少なくてごめんなさい。←これは確信犯。笑

幹事として、失敗したなぁとか、あの時こうすれば良かったなぁとか、後から思うところは多々あるけど、ざっくり言うと、やりきった感に浸ってます。

感情を表に出すのが苦手な俺だけど、実は、2次会の随所で泣きそうになってました。
新郎からのサプライズポロポーズで、新婦の大好きなヒマワリの花束を渡したとき。
新婦のお母さんからのお手紙を読んでるとき。
そして、エンディングムービーを見ているとき。

ゲストのみんなの笑い声、会場が沸いた瞬間、新郎新婦の笑顔と涙。
その瞬間の一つ一つで、嬉しさと楽しさが積み重なっていって、思わず泣きそうになりました。

     ◆

結婚式2次会の幹事は、今まで何度かやってますが、ハマラブでは初めてでした。
なので、ハマラブでは知られてないと思いますが、俺の2次会作りにかける思いは、半端じゃないです。手間と時間をかけて作り込みます。周囲が引くくらい気合い入ってます。自分の結婚式かっ!とよくツッコまれます。笑

好きなんです、イベント作りが。ましてや、結婚式2次会という、主役にとっては一度きりの大事な大事なイベント。そんな大役を任せてくれるなんて、嬉しすぎる!だから期待に応えたいし、できれば期待を上回りたい!
裏方が大好きで、割と得意なので、自分の特技(?)を生かして、誰かの役に立てることが、とても幸せです。

たった2時間のイベントのために、そんな苦労しなくても…とよく言われるけど、俺自身は苦労とは思ってなくて、ひたすら趣味に没頭してる感覚です。
さらに、サプライズがあると、本番が近づくにつれて、みんな“そわそわ”するんだよね。この“そわそわ”を共有して、少し一体感が生まれる状況もまた楽しかったりして。

まず第一に、幹事が楽しむ。これはイベントの作り手として大事なことだと思ってます。作り手が楽しくなければ、楽しいイベントなんて作れるわけがないから。
第二に、ゲストのみんなに楽しんでもらう。そうすれば、きっと主役の二人も楽しんでくれるはず。
全ては、新郎新婦の笑顔のために!そんな思いで、2次会を作りました。

     ◆

今回、幹事を依頼されたのは、なんと5か月前!普通は2〜3か月前が多いから、準備期間が約2倍!しかも、幹事は6人もいる!
時間がたっぷりあって、人数もいるから、だいぶいろいろできちゃうなー(ニヤリ)とまず思いました。

幹事のミッションは、「新郎新婦の思いを実現すること」だと思ってます。
今回は、特に新婦が「こういう2次会にしたい」「こんな音楽ステージをやりたい」っていう思い入れがあったので、それを軸に、幹事メンバーで色を付けていきました。(色を付けすぎましたかね。汗)
新婦は音楽やってるから、エンターテイナーと言うか、イベントの作り手の目線に慣れている。ゆえに、企画書や台本もまめにチェックしてくれちゃうので、うっかり内緒の内容がバレそうになって、焦る場面もありました。

収支表や、台本、進行表、持ち物リストなど、あらゆる資料を「新郎新婦公表版」と「内緒版」の2つ作って、新郎新婦が見てるハマラブSNSの準備コミュでは公表版で議論しつつ、幹事メンバー同士はメールで内緒版をやりとり、という状況は、ものすんごい面倒だったけど、それ以上に楽しかったです。笑

2次会って、ゲストのコミュニティ(グループ)がバラバラだから、どうしても最大多数のコミュニティがホーム感、少人数のコミュニティがアウェイ感になってしまって、雰囲気に温度差ができてしまう。温度差をゼロにすることは無理だと分かってるけど、なるべく、できる限りのことをして、温度差を縮めたい。ゲスト全員に2次会を楽しんでほしいから。そうすれば、主役の2人もきっと嬉しいはず。だから、2次会の早い段階で、ゲストの一体感を作りたい。
こういう思いはあるのだけど、俺一人だと発想力がなくて、具体的なアイデアが出てこない。そんなときに、幹事メンバーで打合せすると、アイデアがポンポン湧いてくる!

「入場曲をみんなで歌っちゃえば?」の一言は、たしか、あかねさんのアイデア。
「みんなで歌う」って言っても、新郎新婦に内緒で、見知らぬゲスト全員に連絡をとるのって、実は結構大変。でも、過去の2次会幹事で多少経験もあったし、今回はできる気がした。
主役からもらった二次会参加者名簿を見ながら、メール、mixi、Facebookで、サプライズ協力を呼びかけて、ゲスト65人中64人にメッセージ送信成功♪Facebookは実名登録が多いので、めっちゃ簡単に連絡とれました。便利な世の中になったね〜。
同時に、マイクを持って歌ってくれる有志「カラオケ隊」も募集。9人が手を挙げてくれた!やったー!

乾杯も、予定と違う人が出てきたらびっくりするかも、という発想で、新郎新婦と意外な共通点が多いニッキー&給ちゃん夫妻にこっそり依頼。この乾杯サプライズは、なったんが積極的に提案してくれました。

新婦のお母さんから新婦への手紙を紹介するサプライズは、手紙を代読したピーチのアイデアだったと思う。ピーチ自ら、新婦のお母さんのお店に電話して、会う約束を取り付けて、直接お会いして依頼しました。あわよくば新婦を泣かせたい!という目標も無事に達成〜☆

新郎新婦はお酒大好きだから、お酒の企画は任せて!と言ってくれた、てらさん。酒樽探し、お疲れさまでした。忙しくてほとんど打合せに出席できなくても、まめにメールで連絡くれて助かりました。

美術系が得意なまっきーは、手作りのウエルカムボードを描いたり、メッセージ記入用のジグソーパズルを装飾したり、他の人には真似できない、まっきーならではの役目を買って出てくれました。

意外と煩雑な会計&予算管理を引き受けてくれたピーチにも感謝。
こうやって、幹事みんなが自主的に役割を引き受けて、自然にチームワークが生まれるところが、さすがハマラブ!って感じ。イベント運営を経験してる集団は動きが違うわ〜。

     ◆

俺を幹事に選んでくれた新郎新婦に、心の底から感謝してます♪
そして、一緒に企画を練り練りした幹事メンバーのピーチ&まっきー&あかね&てら&なったん、
膨大なボリュームの台本を見事にこなしてくれた司会の勇&みかん、
ステキな演奏を披露してくれた7人、
大規模クリーンアップのガイド的なクイズお手伝い係の8人、
クイズの問題を考えてくれた4人、
入場曲サプライズのカラオケ隊の9人、
当日の幹事助っ人まっすー&yassan、
乾杯のニッキー&給ちゃん夫妻、
お手紙を書いてくれた新婦母、
サプライズに協力してくれた全てのゲストの皆さま、ホントにありがとうございました!(敬称略)
(こうやって列挙すると、結構な人数を巻き込んでるな…)

最後に、うちの奥さんにも感謝。俺が2次会準備に没頭する日々を、あたたく見守って(放置して)くれてありがとう。
「また2次会の準備?」と何度言われたか分からないけど「旅行に連れてけ」と言うので、旅行に連れてってあげれば、許してくれるみたいです。良かったー。笑
| comments(0) | trackbacks(0) | 日記(2015年〜) | 2015/10/05(月) 22:00 |

このページの先頭へ
ハッピーフロアレッツら花火YNUfes Albummixi